So-net無料ブログ作成

「楽観できない」 失業率改善について鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は29日、昨年12月の完全失業率(季節調整値)が0・1ポイント改善し5・1%になったことについて、「全然、楽観はできない。まだ5%を超えている。多くの国民が働きたいけれども働けない状況は変わっていない」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。 

 首相は「(雇用を維持する企業を支援する)雇用調整助成金の拡充などの補正予算が昨日成立した。早く執行する。来年度予算(案)を早くあげて、早く執行する。働きたい方々の就職ができる環境を何としても作り上げていく努力が大切だ」と述べ、来年度予算案の早期成立に全力を挙げる考えを示した。

【関連記事】
09年の失業率、5・1%に大幅悪化 6年ぶりの高水準
トヨタの加州工場閉鎖で100人がデモ
世界経済、2010年は2.7%成長見通し「回復弱い」
派遣で生活55歳の新左翼活動家、失業手当を詐取容疑
本当に“派遣村”なの? 存在意義めぐり議論

<鳩山首相>普天間移設「5月までに出す」(毎日新聞)
潔白証明へ頑張る=小沢氏(時事通信)
鳥取不審死で36歳女を再逮捕=強盗殺人容疑−鳥取県警(時事通信)
<沖縄連絡室>内閣官房に設置 普天間などで情報交換緊密化(毎日新聞)
<臨時接種>規定見直しへ 新型感染症に備え(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。