So-net無料ブログ作成

ラグビーW杯の誘致めざし、東大阪市が来月から署名活動(産経新聞)

 9年後に日本で開催されるラグビーのワールドカップ(W杯)で、近鉄花園ラグビー場への試合誘致を目指している東大阪市は21日、誘致活動の概要を発表した。来月から署名活動を開始するほか、来年3月にはシンポジウムを開催、誘致機運を高める。

 署名活動は5月5日に同ラクビー場で行われる「東部大阪こどもラグビースクール交歓会」からスタート。9、16両日に開催されるラグビー関連のイベントでも行う予定。市は国内の試合会場が平成26〜27年に決定すると見込んでおり、それまで継続的に署名活動を展開する。

 市役所一丸で誘致活動に取り組む姿勢をアピールするため、6〜9月のクールビズ期間、今月発足した「ラグビーワールドカップ誘致室」の職員がラガーシャツを着て公務にあたり、ほかの部署の職員に対しても着用を呼びかける。

【関連記事】
中学生の全国大会新設 日本ラグビー協会
5・1韓国戦へ向け、ラグビー日本代表発表
ラグビー日本代表 菊谷主将ら31人を選出
ラグビー学校開校、小学生ら35人参加
代表合宿打ち上げ「いい練習ができた」

【from Editor】子ども手当に学割精神を(産経新聞)
<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)
目前でJR脱線、犠牲106人…救助奮闘の男性、語り継ぐ決意(産経新聞)
男児ポルノビジネス摘発…報酬で小中高生誘う(読売新聞)
民主鹿児島県連、徳之島移設案の白紙撤回要請へ 普天間移設問題(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。