So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<国交省>37年度には新規の公共投資できず(毎日新聞)

 国土交通省は16日、道路やダムなど社会インフラの老朽化による維持管理・更新費の増加で、37年度には新規の公共投資ができなくなるとの試算をまとめた。国交省によると、10年度政府予算の公共投資額に占める新規事業と、維持管理・更新費の割合はほぼ半分ずつ。しかし、日本では、高度経済成長期に集中整備した社会インフラが多く、完成から50年以上経過した「老朽化施設」の割合は、現在の1割程度から、29年度には全体の5割に達する見通し。維持管理費も急増し、37年度には新規事業に回せる財源がなくなり、60年度には財源不足額が約30兆円に達するという。国交省は7月にも閣議決定する国土交通白書にこの試算を盛り込み、維持管理・更新費の圧縮に取り組む必要があるとの認識を示す。

新人「つぶやき」「動画」駆使 民主現職はネット利用に懐疑的 兵庫(産経新聞)
グレーゾーンの看護業務の実態調査案など大筋了承―チーム医療推進WG(医療介護CBニュース)
<超軽量飛行機>墜落し大破…操縦の男性死亡 茨城(毎日新聞)
群馬県議会がツイッターで情報発信 都道府県議会では全国初(産経新聞)
北教組がコメント「深く反省」「運動のさらなる前進に向け論議」(産経新聞)

【アートカレンダー】「今津景フラッシュ」東京・白金・山本現代(産経新聞)

 個展の「フラッシュ」というタイトルが示唆するように、画面から発するまばゆい光が印象的な油彩画の作品群だ。たとえば東京らしき都市の夜景を描いた「ジョイライド」。タワーや高層建築の中で、人が泳いでいたり、のんきに舟に乗っていたりする。どうやら街は水の中に沈んでいるようだ。大洪水に見舞われたのか。にもかかわらず、あちこちで炎のような光が立ち上がる。

 密集して建つ建物がオレンジ色の炎に包まれゆがんだ「オレンジ」、建物が崩壊し廃虚のような都市を見下ろした「フィクス・アンド・リリース」。恐ろしい光景のはずなのに、なぜだか不気味さはなく、むしろ明るく華やいでいる。虚構の光景だろうが、どこかで見たことがあるような…。

 今津景は昭和55年、山口県生まれ。ネットや雑誌などから得た自身の生活とはまったくかけ離れた写真などをあえてモチーフにして制作しているという。絵の具を執拗(しつよう)に塗り重ね、さまざまなイメージを複雑に交差させることで、手のぬくもりのあるリアリティーある世界を構築しているようだ。19日まで(日月祝日休)(和)

都内最大級の売春クラブ経営者ら逮捕 2年間で10億円以上売り上げか 警視庁(産経新聞)
<菅首相>組閣、枝野幹事長内定 11閣僚再任へ(毎日新聞)
国の調査班が現地入り=終息受け、感染経路など探る―口蹄疫(時事通信)
伸子夫人、菅新首相に「ご愁傷さま」(スポーツ報知)
乗用車転落、20代3人死亡=ガードパイプ突き破る―千葉(時事通信)

<放送法改正案>電監審の調査・提言機能強化の条文削除へ(毎日新聞)

 民主、社民両党は24日、国会で審議中の放送法改正案について、電波監理審議会(総務相の諮問機関、電監審)の調査・提言機能を強化する新設の条文を削除し、25日の衆院総務委員会に修正した改正案を提出する方向で最終調整に入った。

 与党が政府案を修正するのは珍しいが、21日の衆院総務委員会で、電監審の調査・提言機能を強化する条文に対し、野党だけでなく、与党側の参考人からも番組内容への政治介入を懸念する意見が相次いだため。

 しかし、野党側が同時に求めているNHK会長をNHK経営委員会のメンバーに加える条文の削除など、電監審関係以外の項目では与野党の歩み寄りが見られず、郵政改革法案の審議を急ぐ与党側だけで修正案を提出する方向になった。【望月麻紀】

<パパイア>遺伝子組み換え輸入品、夏にも解禁(毎日新聞)
「小沢反抗」への報復? 静岡県連に活動費支給停止(産経新聞)
建設弘済会など検証=公益法人仕分け3日目―刷新会議(時事通信)
<田んぼ対決>まちおこしでも阪神・巨人戦(毎日新聞)
【風】授業は遅れ運動会も延期(産経新聞)

対北で閣僚に協力要請=岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は18日の閣議で、韓国の哨戒艦沈没事件に関し、「北朝鮮の関与を含む(原因調査の)報告が出た場合、韓国と十分に連携を取っていかなければならない。閣僚も十分協力してほしい」と要請した。
 これに関連し、中井洽拉致問題担当相は閣議後の記者会見で「(韓国が)国連(安全保障理事会)における制裁を求めるのかどうか分からないが、いろんな準備をしていきたい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】緊迫!朝鮮半島〜デノミで混乱、公開処刑相次ぐ〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

【新・関西笑談】Salad City KOBE(5)(産経新聞)
国連人権弁務官と会談=鳩山首相(時事通信)
<B型肝炎訴訟>長妻厚労相が原告団と面談 被害実態聞く(毎日新聞)
<レールランナー>鉄路も道路も、これ1台 点検や災害時に(毎日新聞)
<口蹄疫>大分、鹿児島両県で種牛などの移動を検討(毎日新聞)

普天間 徳之島「なかなか厳しいものがある」…北沢防衛相(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は20日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設候補地として政府が検討している鹿児島県・徳之島について、「かりに徳之島でお願いをするということになれば、今の状況はなかなか厳しいものがある」と指摘。その後の参院外交防衛委員会でも、地元で大規模な反対集会が開かれたことに関連し「島の住民の半数が反対を訴えたことは極めて重く受け止めなければならない」と述べた。

 徳之島移設案を巡っては民主党鹿児島県連の川内博史代表が19日、鳩山由紀夫首相に撤回を申し入れている。政府は地元自治体に正式に移設案を打診する方針だが、交渉は一層困難になったとの認識を示したものだ。

 これに関連し、鳩山首相は20日午前、記者団に対し、普天間問題の「5月末決着」が実現しなかった場合について「5月末までに決着すると申し上げているわけですから、その決意をもってやるのみだ」と述べ、自身の進退についての言及は避けた。【仙石恭】

【関連ニュース】
<普天間移設>徳之島2町長、首相来訪しても面会拒否
<普天間移設>「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連
<普天間移設>「米軍基地ノー」強く訴え 徳之島の反対集会
<普天間移設>「一つの民意」反対集会に首相
<写真で見る>米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部

小沢氏「起訴相当」議決 民主ダンマリ、自民ツイッター攻勢(J-CASTニュース)
留置場から携帯で通話=署員気付かず、少年持ち込む? −三重県警(時事通信)
荒井幹事長「小異を捨てて大同につく」 新党会見で決意(産経新聞)
あおぞら銀元行員を逮捕=インサイダー取引−東京地検(時事通信)
時効撤廃、スピード審議に疑問の声…遺族は歓迎(読売新聞)

ラグビーW杯の誘致めざし、東大阪市が来月から署名活動(産経新聞)

 9年後に日本で開催されるラグビーのワールドカップ(W杯)で、近鉄花園ラグビー場への試合誘致を目指している東大阪市は21日、誘致活動の概要を発表した。来月から署名活動を開始するほか、来年3月にはシンポジウムを開催、誘致機運を高める。

 署名活動は5月5日に同ラクビー場で行われる「東部大阪こどもラグビースクール交歓会」からスタート。9、16両日に開催されるラグビー関連のイベントでも行う予定。市は国内の試合会場が平成26〜27年に決定すると見込んでおり、それまで継続的に署名活動を展開する。

 市役所一丸で誘致活動に取り組む姿勢をアピールするため、6〜9月のクールビズ期間、今月発足した「ラグビーワールドカップ誘致室」の職員がラガーシャツを着て公務にあたり、ほかの部署の職員に対しても着用を呼びかける。

【関連記事】
中学生の全国大会新設 日本ラグビー協会
5・1韓国戦へ向け、ラグビー日本代表発表
ラグビー日本代表 菊谷主将ら31人を選出
ラグビー学校開校、小学生ら35人参加
代表合宿打ち上げ「いい練習ができた」

【from Editor】子ども手当に学割精神を(産経新聞)
<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)
目前でJR脱線、犠牲106人…救助奮闘の男性、語り継ぐ決意(産経新聞)
男児ポルノビジネス摘発…報酬で小中高生誘う(読売新聞)
民主鹿児島県連、徳之島移設案の白紙撤回要請へ 普天間移設問題(産経新聞)

<おじさん犬>警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)

 人間に換算すれば40〜50歳にあたるおじさん犬、ジャーマンシェパードの「アボイン」(7歳)が20日、警察犬を目指して“2浪”している埼玉県警の登用試験に臨む。訓練士として付き添う佐藤加津美さん(30)は「あごの力が強く犯人を捕まえる能力は高いはず。能力を生かせる仕事に就いて彼らしい生き方を」と三度目の正直を祈る。

 埼玉県警は、警察犬の能力を維持するため、任期1年の嘱託制を採っており、毎年試験を実施。昨年は96頭中68頭が採用された。だが「連続不合格は聞いたことがない」(県警鑑識課)という。

 警察犬は、試験内容によって、足跡追及▽臭気選別▽警戒▽地域探索−−をそれぞれ専門とする。アボインが今回“受験”するのは、要人警護や犯人確保に出動する警戒犬。犯人に見立てた人物の腕をかんで動きを封じ込める試験で、一発勝負だ。

 佐藤さんは「アボインはあがり性なんです」。試験では目をきょろきょろさせたり急ぎ足になり失敗。

 アボインは民間の大井警察犬訓練所(埼玉県川越市)で生まれた。同訓練所の意向で、これまでは足跡追及犬を目指していた。出動要請が最も多く社会に貢献できる機会も多いからだ。今回は志望を転向した。

 「家庭犬としてのんびりする生き方もある。でも一度はアボインを現場に連れて行きたい」と意気込む佐藤さん。2人の挑戦が実れば、6月1日に警察犬になる。【山本愛】

【関連ニュース】
夏帆:見習い警察犬「きな子」と訓練士の物語 ロケ地・香川で寺脇康文とヒット祈願
行政ファイル:警察犬嘱託書交付 /京都
嘱託警察犬:「ノン」と「ケリー」所有、甲賀・松本さんに感謝状−−県警 /滋賀
多治見署:嘱託警察犬と指導手を委嘱 /岐阜
丸亀警察犬訓練所のラブラドルレトリバー… /香川

<牛丼チェーン>松屋フーズのバイトが労組結成(毎日新聞)
山崎直子さん 聖子さんの歌でお目覚め 夫が選曲(毎日新聞)
<脱税指南>八木被告「認識ない」 初公判で否認(毎日新聞)
鳩山首相、「5月決着」伝達=普天間で米大統領に(時事通信)
アカウミガメ 産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)

<共産党>「第三極」危機感…みんなの党台頭で(毎日新聞)

 共産党の志位和夫委員長は13日、党本部で開いた「全国都道府県委員長・地方議員・候補者会議」の報告で、06年1月から10年3月までの地方議会選挙で同党公認候補が計598万票を獲得した実績を紹介し、7月の参院選比例代表の目標「650万票」は「手の届くところにある」と訴えた。同党は民主、自民両党への不満の受け皿を目指しているが、「第三極」としてみんなの党が勢いを増し、危機感を強めている。

 01、04、07年の参院選比例代表で共産党の得票は400万票台にとどまった。志位氏は新規党員獲得が進んでいない現状を指摘し、「この延長線では(参院選勝利の)チャンスを逃す」と奮起を促した。【中田卓二】

【関連ニュース】
共産党:米原潜の寄航を問う質問主意書提出 志位委員長
鳩山首相:共産党の志位委員長と会談
語録:真剣に聞いてくれた−−志位・共産党委員長
選挙:衆院選 共産、9議席維持 民主「側面支援」アダ、党勢伸長はならず
核持ち込み:共産が主意書 外相の否定答弁に疑義

首相、公約修正に前向き 連合の見直し要望受け(産経新聞)
<火災>住宅全焼2人不明 愛知・蒲郡(毎日新聞)
「産科危機的出血」でSI応用した対応GL発表―麻酔科学会など(医療介護CBニュース)
<高松塚古墳>飛鳥美人など一般公開 文化庁、希望者募集(毎日新聞)
<社民党>北マリアナ下院議長、テニアン移設歓迎 照屋氏(毎日新聞)

<外交青書>安全保障は日米機軸…東アジア共同体に含めず(毎日新聞)

 岡田克也外相は6日午前の閣議で、民主党政権下で初となる「10年版外交青書」を報告した。09年の外交活動をまとめたもので、鳩山由紀夫首相が唱える「東アジア共同体」構想を新たに記述。これに関連し、アジア太平洋地域の安全保障について「欧州のような多国間の集団防衛的な安全保障機能は発達せず、米国を中核とした2国間の安全保障取り決めの積み重ねが基軸」として、東アジア共同体に集団安全保障は含まれないとの考えを明確にした。

 首相は就任前、東アジア共同体について「多国間安全保障への道を開いていく」と説明していた。これに対し青書では「米国の存在と関与を前提に、2国間、多国間の政治・安保対話の枠組みを重層的に整備することが現実的」と記した。

 東アジア共同体は、貿易・投資、環境、教育、人の交流などで「ASEAN(東南アジア諸国連合)プラス3(日中韓)など既存の枠組みを重層的かつ柔軟に活用し、可能な国と一歩一歩具体的な協力を進める」と説明。同時に「東アジア共同体構想が提唱されるのも日米同盟が基軸にあるからこそ」と、従来通りの日米同盟重視の外交姿勢も記した。

 また米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題では、06年に日米両政府で合意した「再編実施のための日米のロードマップ」の「着実な実施」との文言が消え、「普天間の代替施設は過去の日米合意の経緯を検証」するとした。【野口武則】

【関連ニュース】
日中韓首脳会談:5月末に済州島で開催へ
東アジア共同体:5月末にまとめ 首相が指示
アジア・ビジネス・サミット:共同声明 鳩山首相に手渡す
東アジア共同体の前提条件=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅
日韓EPA:交渉、早期再開を 赤松農相、韓国閣僚と確認

<ハイチ大地震>また笑顔で筆を 愛知・岡崎で絵画展開催へ(毎日新聞)
首相と小沢氏が京都で会談 京セラ・稲盛氏が同席(産経新聞)
<科学技術施策>3段階で事前仕分け…総合科学技術会議(毎日新聞)
<年金監視委>権限を強化…政令に基づく組織に(毎日新聞)
校庭にミカン苗植えた男、威力業務妨害容疑で逮捕(読売新聞)

弟を助けようと…10歳水死=佐賀(時事通信)

 5日午後4時50分ごろ、佐賀県唐津市東大島町の唐津東港フェリー発着所付近で、護岸から海中に転落した弟(5)を助けようと飛び込んだ同市八幡町の小学生有村明輝人君(10)がおぼれた。有村君は救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。同市消防本部によると、弟は意識がもうろうとした状態という。 

エフエム東京、40分間も無音放送(読売新聞)
伊調千春さん 故郷・青森の高校教諭に(毎日新聞)
公明・神崎元代表、議員辞職・政界引退を表明(読売新聞)
学習塾小6刺殺、塾に9900万円の賠償命令(読売新聞)
ビルの看板外れかけ、はしご車出動 大阪・四つ橋筋で一部通行止めに(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。